スチトトのホームステイごはん/The Meals Served at the Homestay in Suchitoto

エルサルバドルのスチトトでスペイン語短期留学+ホームステイをした記録のご紹介。
今回はホームステイ先でのご飯をご紹介します。
Here are some meals which I had at the homestay in Suchitoto, El Salvador.

エルサルバドルの朝ごはんは、フリホーレス・サワークリーム・チーズ・プラタノ(バナナの仲間)というのが超定番。これにパンがあるけど、フリホーレスとプラタノだけでお腹いっぱいなるから、パンはほとんど食べてません。
フリホーレスとサワークリームのコンビネーション、すごく大好き。
The typical breakfast in El Salvador comes with frijoles, sour cream, cheese, platano (a kind of banana), and some bread. I didn’t eat bread much as it’s already quite filling without a bread.

 

中米は昼食が一番豪華。エルサルバドルでもそうでした。
お肉などのメインがドカンと乗って、あとは米とサラダっていうのが多かったかな。
これにエルサルバドル風トルティーヤ(硬い)がつきます。
Like other countries in Central America, lunch is the biggest meal of a day in El Salvador.
At the homestay, the lunch always came with a heavy main, salad, and rice, and of course tortilla which is very hard in El Salvador, compared to other countries.

 

夜ご飯はまた基本に戻って、フリホーレス。そして、卵やアボカドなど軽いものが出てきます。
また別記事で紹介するけど、エルサルバドルの名物はププサ。夜はププサなこともありました。
The dinner comes with the basic…frijoles again, accompanied with something light such as egg and avocado.
I’m gonna write about it in another post but the famous meal in El Salvador is Pupusa. So there were a couple of Pupusa dinner during my stay.

こうして見ると、量が少なく見えるかもですが、不思議とそんなにお腹は減らなかったです。
フリホーレスが結構重たいので、そのおかげかもしれません。

ちなみにこのホームステイ、ご飯なしなら1泊8.5ドル、ご飯付きなら1泊16ドル。
外食するよりは全然安いし、家も綺麗だったし、ファミリーも優しかったのでおすすめ。
スチトトの情報を調べてると、ホームステイにはWiFiがないという情報を目にしますが、2018年12月の時点ではWiFiは普通でした。早さもまあまあです。

格安スペイン語留学というと、グアテマラがとても目立ってるけど、エルサルバドルのスチトトも本当におすすめしたい。
何よりグアテマラよりもっと娯楽が少ないので、勉強に集中できる環境なのがいい。1ヶ月未満の留学なら、スチトトがおすすめだなー・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です