バルカン半島(1):ルーマニア・シビウ

番組(ラテンアメリカ)の途中ですが、ただいまバルカン半島の旅を決行中のため、こちらをリアルタイムでお届けします。
今回バルカン半島と西ヨーロッパの行ったことない国を塗りつぶす旅ですが、ヨーロッパは5年ぶりくらいで、ちょっとドキドキです。

まずは2019年ヨーロッパの旅スタート地点だったスペインから飛んできたシビウ。短時間の滞在でしたが、とても可愛い街でした。

シビウの街並み

ルーマニアで有名なシギショアラと同じトランシルヴァニア地方のシビウ。国際空港があったので飛んできたのですが、本当に可愛い街並みでした。

下2つは「うそつき橋」というところから撮った写真。
iPhoneのポートレート機能にハマって、ここでもたくさんポートレートしてました。

本当にどこを見ても、フォトジェニックすぎて、どこを写真撮れば良いかわかりませんでした。。。。

 

シビウの宿

シビウは1泊、しかも夜中の3時着だったので、立地と値段を優先させた宿選び。でも結果部屋もきれいで、対応もよくて大満足。
写真は撮るの忘れましたが、「Hostel  PanGeea」というホステル。
お部屋が大きく清潔なダブルルーム+共用バス+共用キッチンで、1泊111レイ(約2,900円)。2人で泊まったので、1人あたりは1,500円くらいですね。

近くにスーパーもあって、街の中心にも近く、さらには24時間カフェバーが空いてます。自炊旅が楽しそうだなーと思いました。
ここのカフェバーのアイスラテ、とっても美味しかった!!!

シビウのごはん

短時間の滞在ですがルーマニア料理を食べに行きました。
レストランはTripadvisorなどで評判がとてもよかった「Crama Sibiul Vechi」
評判どおり美味しくて、対応も雰囲気も良く満足です。

中は薄暗く、テーブルのところに照明が。

食べたものはこんな感じ。
シビウはサラミが有名なので、サラミを前菜に。

豚肩肉のローストと、キャベツとパスタのホットサラダみたいなもの。
キャベツ美味しかった。

これはルーマニア料理で有名な豚の煮込み。

ルーマニアは豚肉料理が多いイメージ。
これだけ食べて、ドリンクをそれぞれ1つずつ頼み、1人あたり69レイ(約2,100円)。観光価格だけど、お腹いっぱいで大満足。

あと、シビウを歩いてると、たくさんジェラート屋さんがありました。こちらも美味しくいただいておきましてん。これは1つ4レイ(約120円)。

シビウの次の目的地

シビウの次はシギショアラ。シギショアラまでは電車で向かいます。
シビウを17:12発の電車が直通でシギショアラまで行くので、それに乗り込みました。到着は20時前。
シビウーシギショアラ直通電車は1日2本とのこと。道中たくさん可愛い村が見れて、楽しい電車の旅となりました。
そしてシギショアラ編に続くのです・・・

シビウで使ったお金

シビウで使ったお金を1レウ=30円くらい換算で円でご紹介します。
ルーマニアは2人旅なので、1人あたり換算。

空港からのタクシー:1人あたり600円
宿泊料:1人あたり1,500円
飲食:1人あたり2,500円
シギショアラまでの電車代:400円

合計:5,000円

今回の旅、1日5,000円が目標予算なので、いい線いってます。
夜中着だったので、タクシーも高いと思ったけど、大人しく乗り込みました。多分少々ぼったくられてますが、許容範囲かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です