ロサンゼルス空港でカルチャーショックを受けた話/Culture Shock at LA Airport

初アメリカとなったロサンゼルスは、ラスベガス行きの飛行機に乗るために空港に立ち寄っただけだったけど、それでもすごいカルチャーショック。ウェルカム・トゥ・アメリカだった。
My first American place happened to be LA which I just stopped over for the flight to Las Vegas. Although it was just a stop-over, it gave me a culture shock. Welcome to America 😀

イミグレではすごい早口で色々訊かれる。イミグレで爆笑したのは初めてでした。
ちなみに訊かれた内容はこんな感じ。
「仕事何?それはどんな仕事?何について書いてるの?」
「いくらお金もってきた?20ドル?大丈夫?
「友達は本当に信用できるの?ネバダ州はクレイジーな奴らの集まりだよ。」
「そんなよく知らん人の家に行って、本当に大丈夫?本当に信用できる人なの?彼があなたに惚れたらどうするの?」
At the immigration, I was asked so many questions and he talked very fast. It was the first time I laughed so much at the immigration.
The questions I was asked are like…
“What do you do? What kind of job is it? What do you write about?”
“How much did you bring with you? 20 USD? Are you crazy?
“Do you really trust your friend in Nevada? They are crazy people!”
“Are you really sure you will be ok with the guy who you know for a short time? Is he really trustworthy? What if he likes you?”

私本当に20ドルしか持ってなくて、しかもそれ自分のお金じゃなくて友達がお土産代として渡してくれたやつでした。
いつもそんな感じなクレイジートラベラー。
And I really had only 20 USD, which actually wasn’t my own money but my friend gave me to buy her coffee in Latin America.
I’m a crazy traveller as always. lol

他にも面白いことがたくさんあって、ラスベガスで待ってた友達にその話をしたら「アメリカは、なんかそんな風に面白いよね」って言ってたので、それが平常運転みたい。
So many funny things happened at the airport and when I told about it to my friend in Las Vegas, he was like “USA is funny like that”, so I guess it is always like that there.

アメリカ人は思いの外親切で、やたらフレンドリー。そんな印象から始まったアメリカの旅でした。
Americans are much kinder than I had expected and very friendly. My trip to the USA started with that positive impression.


上空から見たロサンゼルス郊外。The suburbs of LA from the sky.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です